sitemap
起業と会計そして税務 起業と会計そして税務 
事業開始サポートサイト。個人事業開業から会社設立、運営まで
個人事業を始め株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、合名会社、LLPに至るまでの簡単知識
      更新履歴
更新履歴最日付 起業と会計そして税務
2013年5月17日
  必要だけれどもすっきりしない人向けのサイトです。
     監修 松原正幸税理士事務所(東京都新宿区市ヶ谷)
更新履歴
目 次  起業にもいろいろあります
トップページ
個 人 事 業
株 式 会 社
合 同 会 社
有 限 会 社
合 資 会 社
合 名 会 社
L  L  P
会 計 と 簿 記
個人事業の税務
会 社 の 税 務
資金繰りの考え方
法人の役員について
決算書の読み方
勘定科目について
会社の作り方
リンク集
ブログ
索    引
個人事業として行うか会社組織として行うか、また副業として試しにやってみるか,,いろいろなやり方があります。専門的知識がないのであればまあ副業として試験的にやってみるのが一番です。どんな商売でもいえますがその仕事について専門的な知識がなければ成功する確率は極めて低くなります。今、世の中は経験を持つ方でなければ相手にされなくなる傾向が強くなりはじめています。誰にでもできますという商売はもし最初うまくいっても競合する相手が必ず将来出てきます。勝つには十二分な資金力と行動力、仕事に対する深く誰にも負けない知識が必要なのです。
既に充分な経験がある方の場合は販路や人脈の開拓がとにかく大切です。商売には必ず相手があります。相手のいない商売は存在しません。なにしろお金を貰うわけですから必ず責任も付きまといます。充分に会社の力ではなく自分がいかに動けるのかということを良く見極めましょう。会社組織にするのか、個人組織にするかの問題があります。これは商売として法人でなければ入り込めないという場合以外は税金の問題が一番大きいでしょう。詳しくは各コンテンツでどうそ。
ただ現状の増税基調のもとでは慎重な行動が必要です。消費税の問題もあります。また給与所得控除額の縮小ということもあります。世論操作もおこなわれはじめているような、公と民間とのアンケート結果の違いというものもありますので2年後3年後を見据える必要があります。また新しい会社法の施行時期の問題もあります。今はとにかく微妙な時期と言えるでしょう。
とは言え起業は、人生の分かれ道といってもいいほど大きなことです。現実面も重要ですが、気持ちの問題や勢いだとかチャンスだとか、タイミングということも重要です。必ずどんな場合でもきっかけというものがあります。このきっかけがどの様なものなのか、そしてどのような感じでやってくるのかは、その本人にしかわからないでしょう。ただ一ついえることはきっかけは重要だということです。人生の重大事だけれども軽いノリも必要なのかもしれません。タイミングは難しいです。
 このサイトについて
このサイトはあくまでも私見にもとづく部分が多いです。とはいえそれなりの経験と知識がありますので何かの役にはたつのではないかと思います。何かと制限の多い税理士事務所のサイトの補足の部分もあります。ただし税務については状況や業務の種類によっては全く違う解釈が成り立つケースもあります。なるべくいろいろなケースを想定して作成していきますが、いたらない点も出るとは思います。その点はご容赦いただけるようお願いいたします。
http://matubara.jp
http://uncle-matu.com